きむらしろうクリニック
院長ブログ
お医者さん.jp

在宅医療


病気になっても住み慣れた自宅で幸せに過ごしたい!

在宅医療を利用すればご自宅で診療がうけられます。

当院では積極的に在宅医療に取り組んでいます。


当院は2007年11月より在宅支援診療所となりました。

お気軽にご連絡ください。

電話番号 092-892-4600


【1】在宅医療

寝たきりなどで病院にかかれない患者様もご自宅で血圧、採血、検尿、心電図、点滴治療などのクリニックの外来と同様の診察がうけられます。だいたい2週間に一度の訪問になりますが、必要な場合は緊急の往診もいたします。ご希望の患者様はお気軽にご相談ください。  

さらに詳しい検査が必要な場合は当院にて行う場合もあります。

【2】在宅医療の基本方針

     在宅医療とは在宅で行う医療のことで、外来や入院診療につぐ第三の医療と考えられています。

     歯科医師、薬剤師、訪問看護師、ケアマネージャー、訪問介護、訪問リハビリなどの介護サービスと連携し、チームを組んでご自宅での生活を支援いたします。

     ご自宅で血圧、採血、検尿、心電図、点滴治療などのクリニックの外来と同様の診察がうけられます。だいたい月に12回の頻度での訪問になりますが、必要な場合は緊急の往診もいたします。詳しい検査が必要な場合は当院にて行う場合もあります。また、入院が必要な場合は地域の病院と連絡を取り合い、紹介させていただきます。

     看取り、緩和ケア 自宅で最期を迎えたい患者様のお手伝いをさせていただきます。 かかりつけ医としてその人らしい最期を迎えられるようにご相談にのり、必要な場合看護師やヘルパー、ケアマネージャーの手配等をさせていただきます。痛みがある場合でも、痛みのない最期をお迎えできるよう、麻薬等使用して緩和ケアをご提供させていただきます。

     当院では積極的に訪問診療を行っております。ご自宅や施設まで伺います。必要な患者様はご連絡ください。

 

【3】在宅医療の対象者

通院が困難な方

自宅での療養を希望される方

ターミナルケア(ご自宅での最期の時間を過ごしたい方)が必要な方

認知症や寝たきりの方

自宅で生活するうえで医療的サポートが必要な方など

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。

     

【4】訪問診療の流れ

①訪問診療のご依頼

ご本人、ご家族、病院、ケアマネージャーなどからのご依頼をうけ、患者様の状態から当院にて対応可能かどうかを検討いたします。

②初回訪問

訪問診療を開始する前に一度ご自宅、施設に伺います。患者様、ご家族に説明し訪問診療の契約をします。

③訪問診療開始

医師が定期的にご自宅、施設に伺い診療いたします。必要なら投薬も行います。

④お薬(処方箋)

院外処方箋を発行いたします。薬局に行けない患者様には介護保険や医療保険を利用して薬剤師がご自宅までお薬を届けるサービスもございます。

【5】 在宅で可能な医療

血液・尿検査

処方箋の発行

褥瘡(床ずれ)処置

皮膚軟膏処置

緩和ケア療法

終末期医療

在宅酸素療法

その他の処置についても可能ですので、ご相談ください。


【6】訪問診療にかかる費用

1カ月の診療費目安

例えば一割負担の患者様で月に2回訪問診療を行うと自己負担金は大体5000円前後が目安です。この他お薬が必要な方は処方箋代、採血などの検査が必要な場合は検査料が別途必要です。

お薬代は別途かかります。

(令和元年5月現在)


【7】末期医療・悪性疾患の治療

できるだけ入院せずに自宅での療養をご希望の患者様は、定期的にご自宅に伺い緩和ケアを行います。近隣の病院とも連携しIVHリザーバーの管理なども行います。  
また、肝転移に対する肝動注リザーバーなどによる治療もご自宅で受けられますのでご相談ください。  
可能な限り24時間体制をとっていきます。場合により近隣の病院もしくはかかりつけの病院とも連携をとって看護治療をおこなってまいります。

【8】訪問診療・診療地域のご案内

当院から半径16Kmの範囲内となります。