院長ブログ
お医者さん.jp
きむらしろうクリニック

高濃度ビタミンC点滴療法

がんでお悩みのあなたへ

高濃度ビタミンC点滴療法は副作用のない治療法です

はじめに

はじめに

ビタミンCを用いた癌治療の研究はすでに30年以上の歴史があります。Klenner, Cameron, Pauling, Riordanなどの先駆者達は多くの研究業績を残しています。これまで経口摂取もしくは静脈注射によるビタミンCの投与は手術後の残存腫瘍の治療や補助化学療法として用いられてきました。
今回ご紹介する超高濃度ビタミンC点滴療法は。ビタミンCを抗がん剤として使用するという考えに基づいて行われるのですが、この超j高濃度ビタミンC点滴療法のみで癌を治療すれば大丈夫というわけではありません。
現在標準的に行われている癌の治療(手術、化学療法、放射線治療)などの効果増強や副作用軽減を目的とした補助療法として行われているのです。超高濃度ビタミンC点滴療法は説きにさまざまな栄養、ビタミンなどを加えることでさらに症状を軽減させたり患者様のQOL(生活の質)を向上させたりする効果が期待でき、生存期間を延長させることが可能といわれています。

はじめに

我が国では死因の第1位は癌死であり、最近では3人に1人の割合で癌が原因で亡くなっています。 患者は大きな病院での最新のがん治療法を行い、それが限界にきた場合、ホスピスや自宅療養で余生を過すように言われます。
しかし多く患者やその家族は、西洋医療の適応がなくなった後も藁をも掴む思いで、民間抗癌治療に希望を見出そうとしているのです。これまで様々な民間療法が試されおり、なかには怪しげな治療法が存在するのも事実です。

医師が治療法を選択するに当たってはデビデンスと言われる学術的裏づけが重要視されています。つまりその治療をした人としない人で統計学的に違いが出ることが重要とされているのです。現在アメリカその他の海外では多数のビタミンC点滴療法に関する研究論文が出てきており現在もアメリカでは多数の臨床研究がなされています。
超高濃度ビタミンC点滴療法はクリニックレベルで行うことができる最先端の癌治療法であるといえます。理論的には問題なく癌に対する効果は期待できると思っております。まだこれから沢山の経験が必要な治療方法ですが今後の期待十分な治療方法です。

メニュー

高濃度ビタミンC点滴療法とは
理論・治療法
有効ながん治療
副作用・注意点
料金
よくあるご質問
参考文献
高濃度ビタミンC点滴療法コラム