院長ブログ
お医者さん.jp
きむらしろうクリニック

参考文献

文献

超高濃度ビタミンC療法に関する最近の医学文献です。

最新文献

米国立衛生研究所の研究チームがビタミンCが腫瘍の成長を抑制すると米科学アカデミー紀要に発表しました。

【論文題名】薬理学的高濃度のアスコルビン酸は酸化促進物質としてマウスに異種移植した進行性腫瘍の成長を抑制する

アスコルビン酸は抗酸化物質として人間の基本的な栄養素である。本研究では薬理学的な高濃度のビタミンCが過酸化水素を生成する酸化物質として様々なガン細胞に細胞毒性を示し、正常細胞には悪い影響を与えないことを明らかにした。マウスに神経芽細胞腫瘍を植えて調べたところ、アスコルビン酸はガン細胞の間質にアスコルビン酸ラジカルと過酸化水素を生成していた。

一方、血液中にはこれらは認められなかった。また、マウス移植した卵巣癌(p<0.005)、膵臓癌(p<0.05)、神経芽細胞腫(p<0.001)の成長も抑制した。この実験で認められたビタミンC濃度は点滴療法により再現が可能である。以上の結果からビタミンCは、過酸化水素を運ぶプロドラッグとして予後不良あるいは治療の選択肢が限られている癌患者に恩恵をもたらすと考える。

Pharmacologic doses of ascorbate act as a prooxidant and decrease growth of aggressive tumor xenografts in mice
Chen Q, Espey MG, Sun AY, Pooput C, Kirk KL, Krishna MC, Khosh DB, Drisko J, Levine M:,
PNAS: August 12, 2008:105(32):11105-11109.

これまでの代表的な文献集

2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI), 食品薬品局(FDA)の科学者達が超高濃度ビタミンC点滴療法が癌に有用であるという基礎研究論文を発表しました。

http://www.pnas.org/cgi/content/full/102/38/13604


2006年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI)や大学の研究者らが超高濃度ビタミンC点滴療法が明らかに有効であった3症例(腎臓癌、膀胱癌、悪性リンパ腫)を発表しました。

http://www.cmaj.ca/cgi/content/full/174/7/937


2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI), 食品薬品局(FDA)の科学者達が超高濃度ビタミンC点滴療法が癌に有用であるという基礎研究論文を発表しました。

http://www.pnas.org/cgi/content/full/102/38/13604


2006年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI)や大学の研究者らが超高濃度ビタミンC点滴療法が明らかに有効であった3症例(腎臓癌、膀胱癌、悪性リンパ腫)を発表しました。

http://www.cmaj.ca/cgi/content/full/174/7/937


2003年にカンザス大学メディカルセンターが卵巣癌に抗癌剤と超高濃度ビタミンC点滴療法の併用が有効であった2例について発表しました。
2例とも抗癌剤投与後は超高濃度ビタミンC点滴療法だけで長期生存しています。

http://www.jacn.org/cgi/content/abstract/22/2/118?ijkey=15532064060606a4bf7f2c91cb079c9dde36bb77&keytype2=tf_ipsecsha


カンザス大学では国立衛生研究所(NIH)の認可を得て、卵巣癌・子宮体癌・子宮頚癌に対する超高濃度ビタミンC点滴療法の臨床試験を進めています。

http://www.clinicaltrials.gov/ct/show/NCT00284427


その他過去の文献を列記します。

Cameron E, Pauling L, Leibovitz B. Ascorbic acid and cancer : a review. Cancer Research. 1979 ; 39 : 663-681

McCormick, WJ. Ascorbic acid as a chemotherapeutic agent. Archives of Pediatrics of New York. 1952 ; 69 : 151-155

Riordan HD, Jackson JA, Schultz M. Case study : high-dose intravenous bitamin C in the treatment of renal cell carcinomanof the kidney. J Ortho Med. 1990 ; 5 : 5-7

Riordan NH, Riordan HD, Meng X, Li Y Jackson JA. Intravenous ascorbic as a tumor cyto-toxic chemotherapeutic agent. Medical Hypothesis. 1995 ; 44 : 207-213